【無視せざるを得ぬ町っ!】第四章無料ネタバレ

無視せざるを得ぬ町…っ!第四章「定食屋姉妹~食せざるを得ぬ姉妹丼」の無料ネタバレを詳しく紹介しているページです。

無視せざるを得ぬ町…っ!第四章「定食屋姉妹~食せざるを得ぬ姉妹丼」に興味がある方はご覧ください。

無視せざるを得ぬ町…っ!第四章「定食屋姉妹~食せざるを得ぬ姉妹丼」は主人公が昔お世話になった定食屋の姉妹がターゲットとなります。

主人公は思い入れがあった定食屋の姉が店を辞めて結婚するという話を耳にします。しかし、その相手がなんと60過ぎの爺。完全に金目当ての結婚です。

定食屋の姉が金目当ての結婚をする事になった理由は、両親が死亡して金銭的に苦しい生活を強いられていたからです。しかし妹はそれを望んでおらず、主人公も気にいりませんでした。

主人公は定食屋を訪れると定食屋の姉妹との会話をしますが、やっぱり無視されます。無視せざるを得ぬ町ではやはり喋る事ができません。

昔の知り合いだった事もアリ主人公は気にいらない様子。

いきなり定食屋の姉のパンツをおろしてマンコをだし、貞操帯(テイソウタイ)を装着します。その後は妹の方もパンツをおろしマンコをだし貞操帯(テイソウタイ)を装着。

しばらくそれでも付けて頭を冷やせ!そう定食屋の姉に言うと主人公は出て行きました。

主人公はクラス名を犯す事に飽きてしまったらしく、今度は町中で若い主婦を犯しまくっています。しかもビデオレコーダーを購入してまるでアダルトビデオの素人物のごとく撮影を楽しみ始めました。

そうしている間に定食屋姉妹の2人は貞操帯(テイソウタイ)をつけられたままの生活を続けていました。

クリトリスを触る事もできず、膣に指を入れる事もできない。
オナ禁状態で微妙にクリトリスの刺激だけが続く貞操帯(テイソウタイ)に定食屋姉妹は次第に性欲が溜まってしまいます。

ある日とうとう定食屋姉妹の性欲が限界に達します。

姉の方がいきなり妹を襲います。
妹も限界だったので姉と妹でお互いの体をむさぼるように愛無しあいます。

レズビアン状態・・

それでもクリトリスを触る事はできず、本当の意味で性欲が解消できません。

そんな状態のまま定食屋姉妹の2人は姉の結婚式を迎えます。

まったく音沙汰のなかった主人公ですが、定食屋姉妹の結婚式に乱入!

ココからまた主人公と定食屋姉妹とのセックスシーンがはじまります。

無視せざるを得ぬ町…っ!第四章の抜きどころはココからが本番です。
是非本編でエロシーンを存分に楽しんでみてください。

無視せざるを得ぬ町…っ!第四章の本編を読むならコチラ>>